まとまりなく書く

HP時代のオタクはブログ書くのが好き

同人

二次創作のイラストはわかるけど、二次創作の漫画の良さはわからない。オタクの妄想じゃんね

 

って意見を聞いてなるほど~!って思って改めてなんで私は同人をやってるんだろうなって思いました。(別に卑下とか否定された会話じゃないですよ)

 

自分で自覚してるんですけど、私はぶっちゃけ同人誌を描く才能が全くないんですよ

もう出だしからそんなえぇ…って話なんですけど

 

私は、漫画を描くのは嫌いじゃないんですけど話を考えたり、視線誘導とか心情とかそういうのを考えたコマ割りとか吹き出し、効果の描き込み総じて苦手です

特に話を考えるの本当にいつも苦しい

「これは本が描けますわ」って簡単に言いはしますが、ぶっちゃけ無理です

 

私は、典型的な「一枚絵を描くのが好き」なオタクで

 

じゃあ、なんで同人誌で死にそうになりながら漫画描いてるんですかって話なんですけど、「イラスト本は敷居が高いから」です

まず、1Pに対してのクオリティの高さが格段に上がりますよね

背景の描き込み、もしくはセンスのよいデザインがキャラ背景に必要になってきます

 

漫画だと、魅せコマ以外は割と手抜きにシャーって描いても案外まかり通るというかテクニックのうちの一つなんですよね

背景とかよくみると結構ヘロヘロしてるけど読んでる最中そんなことは全く気づかなかった!みたいなの

 

あと、漫画と違って「表紙だけカラー」ってわけにはいかないんですよそりゃそうだ

フルカラーですよフルカラー

そうすると、まあ紙もグレードアップするので、発行金額が跳ね上がります

そして、配布金額がまあ上がるんですよ

数刷れば単価は下がりますが、まあそんな需要がないのでめちゃくちゃは刷れないので、結局うすいうすいイラスト本にあら高いみたいな金額になるんですよ

 

あと、やっぱり漫画の需要に勝てないですね、イラスト本。

「画風に興味はないけど、ストーリーが気になるので買う」みたいな感じの方に手にとって貰えないんですよイラスト本だと

 

そういうことなんですよ

 

憧れはあるのでいつか…いつか…みたいな気持ちはあるんですが

如何せんあんま勇気出ないなぁ…

まあ、要は画力不足の言い訳みたいなとこはあります

財力に物いわせればなんでも出せるんだよ今の御時世

 

そして、漫画描くの嫌いな理由なんですけど、もうこれ以外ないよ

恥ずかしいから

 

別に、周りの戦う同人オタク達の作品を見て「あら恥ずかしいわ」だなんて微塵も思わんのですが

よそはよそ。うちはうち。

 

「オタクの妄想」それを一番わかっているのは俺だ!!!!!!!!!!!!!!!

という気持ちがすごい強い

 

もう、凄まじいの羞恥心が

「話を考える」→恥ずかしい

「セリフを考える」→恥ずかしい

「セリフを描きこむ」→恥ずかしい

「セリフと状況に合わせた表情のキャラを描く」→恥ずかしい

「効果音を描く」→恥ずかしい

 

特にもうセリフが特にやばい

私のネーム一切セリフ書き込まないんですよ写植ぶっつけ本番なのマジで

もちろん清書する時には記憶がないんで「何この…謎の吹き出し…」ってなって頭を抱えるなんてことしばしばなんですけど

 

オノマトペも恥ずかしいもう「テクテク」さえ恥ずかしい

字が汚いのも相まってもう恥ずかしい何テクテクって(歩く音だよ)

 

センスねえなあ!!って自分の力量のなさにダメージを食らいながら描いてます

 

もちろん、自分が同人誌読む時に「あの人が描いたの?ププー!」とか思わないですよそりゃそうだ!!!

むしろ総じて尊敬します

なんでこんなポンポン話浮かぶの!?

なんでこんな心情表現上手いの!?

何この構成!?!?!?天才そしてセンスの擬人化…!?

 

でも、自分は違うのでは!??!?ってなる

 

このキャラこんなこと言う!?やる?こんな表情する!?!??!?!のオンパレード

自分の都合いい解釈してるんとちゃうか!?ってなる

 

そりゃそうだ同人だもん!!!!!!!!!!!自己解釈120%が正解だわ!!!!!!

 

わかっちゃいる!!!!!!!!

 

ご存知の方はご存知かとって感じなんですけど、私激しく「気にしぃ」なんですよ!!!

「自己解釈をパッションに発信数で殴れ」が同人だと思ってるんですけど

 

「私の作品」と「私の好きな人」が解釈違い起こしたらどうしよう!!!

って考えちゃうんですよ!!!

 

つまり「お前の作品ちょっと解釈違うからな~」って知り合いがなったら嫌だ!ってなるんですよ!!!

 

私、本を出してるCPがマイナーなので

狭い沼で異端な行動をしたくねえという脅迫概念が強い

もうとりあえず「間違えてないかな」って思いながら描いてます

同人なんて公式を基準にしたら全部「妄想」という名の「間違い」だわとわかっちゃいる

 

いや、私の解釈が超解釈一致な読者さんもいるかもしれない!

そういうのはわかってる!でも、ぶっちゃけ「絶対こう!」みたいなしっかりした解釈があるのかと言われると結構ふわっとしてる

 

 

もうどうよこれ超同人向いてなくない?!!?

 

あと、同人最も致命的な欠点なんですけど

妄想ができない

「こういうシチュエーション素敵だな」っていう描きたいものはあるんだけど

「そこまでの経緯」が考えられないし「結末」まで考えられない

「素敵だな」の少量の前後のストーリーくらいしか鮮明にビジョンが浮かばなくて

その先を考えようとすると、巻き戻されてまた「素敵だな」の部分のストーリービジョンが脳内再生されるんですよ

 

なんか戻っちゃうんですよ

気づいたら振り出しに戻ってて「あれー!?」って急いで出来上がってるとこまでまた順を追って反芻して、出来上がってる部分まで脳内処理が追いつくとまた最初に戻って…

みたいな

 

…伝わるのかこれ?

 

瞳を閉じて、余分な情報をシャットアウトすると今度寝ちゃうんですよね

これ妄想に限らず考え事すると私寝ちゃうんですけど

 

つまり、私が妄想できる範囲だと「一枚絵で事足りる」というか「一枚絵以上に描けない」が正解なんですけど

 

じゃあなんで漫画描くねん、同人やってるねんって話に戻るんですけど、まあまずは

 

「イラスト本に較べて安価且つボリュームが出せる」「漫画を描くという作業には憧れがある」「製本されたもの見ると感動する」とか

 

あと、やっぱ人様の同人誌を読むと「すごいなぁ」の気持ちで触発されるんですね

「創造力」に圧巻して、デザインとかコマ割りとかセリフとか表情とか純粋に画力とか奇抜な発想とか、スペース上の工夫、お品書きのみやすさ、わかりやすさとか

こうするといいのか~みたいな知識を吸収出来るのが楽しいです

好きなものにここまで力注げるそのパッションに感動します

 

スペースに座って周りを見渡すと、みんな自分の「好き」を自分なりに形に落とし込んだものを卓上に置いてて、「あぁ、これも一つの好きの表現で、それが今会場いっぱいに溢れてるんだなぁ」とじんわりきます

 

開場の合図の拍手が好きです

ドキドキしながら誰か来てくれるかな、見てくれるかなと淡い期待と猛烈な緊張を抱えながら座ってる瞬間も好きです

死にそうになりながら苦しみながら赤字で刷った拙い己の作品を手に取って

吟味した後だったり、迷わず一直線にスペースまで来て即決だったり

時にはお使いかな?っていうメモや困惑気味の様子で「これください」って言われた時に「うわー頑張ってよかった」ってなるのが好きです

作品を買わなくても、知り合いがスペースまで顔見せにきてくれたり

差し入れをくれたり

「私がいるから会いに来てくれた」あの瞬間がめちゃくちゃ嬉しいです

 

他愛のない会話をしたり、イベント終わったあとにご飯に行ったり

そういう空気感に触れるために描いてる部分が個人的には大きいのかなって思います

 

もちろん、自分の中に生まれた「何か」をアウトプットしたくて描いてる部分もあるし

私言葉にするのにめちゃくちゃ時間がかかるので(実際、文頭の話題の最中に言葉に出来たのは「イラスト本は敷居もコストも高いから」しかまとまらなかった)

 

絵で表現出来るのはやっぱ唯一の特技なのでやっぱ描くんだろうなあ