まとまりなく書く

HP時代のオタクはブログ書くのが好き

同人

二次創作のイラストはわかるけど、二次創作の漫画の良さはわからない。オタクの妄想じゃんね

 

って意見を聞いてなるほど~!って思って改めてなんで私は同人をやってるんだろうなって思いました。(別に卑下とか否定された会話じゃないですよ)

 

自分で自覚してるんですけど、私はぶっちゃけ同人誌を描く才能が全くないんですよ

もう出だしからそんなえぇ…って話なんですけど

 

私は、漫画を描くのは嫌いじゃないんですけど話を考えたり、視線誘導とか心情とかそういうのを考えたコマ割りとか吹き出し、効果の描き込み総じて苦手です

特に話を考えるの本当にいつも苦しい

「これは本が描けますわ」って簡単に言いはしますが、ぶっちゃけ無理です

 

私は、典型的な「一枚絵を描くのが好き」なオタクで

 

じゃあ、なんで同人誌で死にそうになりながら漫画描いてるんですかって話なんですけど、「イラスト本は敷居が高いから」です

まず、1Pに対してのクオリティの高さが格段に上がりますよね

背景の描き込み、もしくはセンスのよいデザインがキャラ背景に必要になってきます

 

漫画だと、魅せコマ以外は割と手抜きにシャーって描いても案外まかり通るというかテクニックのうちの一つなんですよね

背景とかよくみると結構ヘロヘロしてるけど読んでる最中そんなことは全く気づかなかった!みたいなの

 

あと、漫画と違って「表紙だけカラー」ってわけにはいかないんですよそりゃそうだ

フルカラーですよフルカラー

そうすると、まあ紙もグレードアップするので、発行金額が跳ね上がります

そして、配布金額がまあ上がるんですよ

数刷れば単価は下がりますが、まあそんな需要がないのでめちゃくちゃは刷れないので、結局うすいうすいイラスト本にあら高いみたいな金額になるんですよ

 

あと、やっぱり漫画の需要に勝てないですね、イラスト本。

「画風に興味はないけど、ストーリーが気になるので買う」みたいな感じの方に手にとって貰えないんですよイラスト本だと

 

そういうことなんですよ

 

憧れはあるのでいつか…いつか…みたいな気持ちはあるんですが

如何せんあんま勇気出ないなぁ…

まあ、要は画力不足の言い訳みたいなとこはあります

財力に物いわせればなんでも出せるんだよ今の御時世

 

そして、漫画描くの嫌いな理由なんですけど、もうこれ以外ないよ

恥ずかしいから

 

別に、周りの戦う同人オタク達の作品を見て「あら恥ずかしいわ」だなんて微塵も思わんのですが

よそはよそ。うちはうち。

 

「オタクの妄想」それを一番わかっているのは俺だ!!!!!!!!!!!!!!!

という気持ちがすごい強い

 

もう、凄まじいの羞恥心が

「話を考える」→恥ずかしい

「セリフを考える」→恥ずかしい

「セリフを描きこむ」→恥ずかしい

「セリフと状況に合わせた表情のキャラを描く」→恥ずかしい

「効果音を描く」→恥ずかしい

 

特にもうセリフが特にやばい

私のネーム一切セリフ書き込まないんですよ写植ぶっつけ本番なのマジで

もちろん清書する時には記憶がないんで「何この…謎の吹き出し…」ってなって頭を抱えるなんてことしばしばなんですけど

 

オノマトペも恥ずかしいもう「テクテク」さえ恥ずかしい

字が汚いのも相まってもう恥ずかしい何テクテクって(歩く音だよ)

 

センスねえなあ!!って自分の力量のなさにダメージを食らいながら描いてます

 

もちろん、自分が同人誌読む時に「あの人が描いたの?ププー!」とか思わないですよそりゃそうだ!!!

むしろ総じて尊敬します

なんでこんなポンポン話浮かぶの!?

なんでこんな心情表現上手いの!?

何この構成!?!?!?天才そしてセンスの擬人化…!?

 

でも、自分は違うのでは!??!?ってなる

 

このキャラこんなこと言う!?やる?こんな表情する!?!??!?!のオンパレード

自分の都合いい解釈してるんとちゃうか!?ってなる

 

そりゃそうだ同人だもん!!!!!!!!!!!自己解釈120%が正解だわ!!!!!!

 

わかっちゃいる!!!!!!!!

 

ご存知の方はご存知かとって感じなんですけど、私激しく「気にしぃ」なんですよ!!!

「自己解釈をパッションに発信数で殴れ」が同人だと思ってるんですけど

 

「私の作品」と「私の好きな人」が解釈違い起こしたらどうしよう!!!

って考えちゃうんですよ!!!

 

つまり「お前の作品ちょっと解釈違うからな~」って知り合いがなったら嫌だ!ってなるんですよ!!!

 

私、本を出してるCPがマイナーなので

狭い沼で異端な行動をしたくねえという脅迫概念が強い

もうとりあえず「間違えてないかな」って思いながら描いてます

同人なんて公式を基準にしたら全部「妄想」という名の「間違い」だわとわかっちゃいる

 

いや、私の解釈が超解釈一致な読者さんもいるかもしれない!

そういうのはわかってる!でも、ぶっちゃけ「絶対こう!」みたいなしっかりした解釈があるのかと言われると結構ふわっとしてる

 

 

もうどうよこれ超同人向いてなくない?!!?

 

あと、同人最も致命的な欠点なんですけど

妄想ができない

「こういうシチュエーション素敵だな」っていう描きたいものはあるんだけど

「そこまでの経緯」が考えられないし「結末」まで考えられない

「素敵だな」の少量の前後のストーリーくらいしか鮮明にビジョンが浮かばなくて

その先を考えようとすると、巻き戻されてまた「素敵だな」の部分のストーリービジョンが脳内再生されるんですよ

 

なんか戻っちゃうんですよ

気づいたら振り出しに戻ってて「あれー!?」って急いで出来上がってるとこまでまた順を追って反芻して、出来上がってる部分まで脳内処理が追いつくとまた最初に戻って…

みたいな

 

…伝わるのかこれ?

 

瞳を閉じて、余分な情報をシャットアウトすると今度寝ちゃうんですよね

これ妄想に限らず考え事すると私寝ちゃうんですけど

 

つまり、私が妄想できる範囲だと「一枚絵で事足りる」というか「一枚絵以上に描けない」が正解なんですけど

 

じゃあなんで漫画描くねん、同人やってるねんって話に戻るんですけど、まあまずは

 

「イラスト本に較べて安価且つボリュームが出せる」「漫画を描くという作業には憧れがある」「製本されたもの見ると感動する」とか

 

あと、やっぱ人様の同人誌を読むと「すごいなぁ」の気持ちで触発されるんですね

「創造力」に圧巻して、デザインとかコマ割りとかセリフとか表情とか純粋に画力とか奇抜な発想とか、スペース上の工夫、お品書きのみやすさ、わかりやすさとか

こうするといいのか~みたいな知識を吸収出来るのが楽しいです

好きなものにここまで力注げるそのパッションに感動します

 

スペースに座って周りを見渡すと、みんな自分の「好き」を自分なりに形に落とし込んだものを卓上に置いてて、「あぁ、これも一つの好きの表現で、それが今会場いっぱいに溢れてるんだなぁ」とじんわりきます

 

開場の合図の拍手が好きです

ドキドキしながら誰か来てくれるかな、見てくれるかなと淡い期待と猛烈な緊張を抱えながら座ってる瞬間も好きです

死にそうになりながら苦しみながら赤字で刷った拙い己の作品を手に取って

吟味した後だったり、迷わず一直線にスペースまで来て即決だったり

時にはお使いかな?っていうメモや困惑気味の様子で「これください」って言われた時に「うわー頑張ってよかった」ってなるのが好きです

作品を買わなくても、知り合いがスペースまで顔見せにきてくれたり

差し入れをくれたり

「私がいるから会いに来てくれた」あの瞬間がめちゃくちゃ嬉しいです

 

他愛のない会話をしたり、イベント終わったあとにご飯に行ったり

そういう空気感に触れるために描いてる部分が個人的には大きいのかなって思います

 

もちろん、自分の中に生まれた「何か」をアウトプットしたくて描いてる部分もあるし

私言葉にするのにめちゃくちゃ時間がかかるので(実際、文頭の話題の最中に言葉に出来たのは「イラスト本は敷居もコストも高いから」しかまとまらなかった)

 

絵で表現出来るのはやっぱ唯一の特技なのでやっぱ描くんだろうなあ

 

 

 

 

 

 

 

3rd アニバーサリー!

SideM3周年おめでとうございます!

 

もう3年か~と思うような

まだ3年か~と思うような…

 

でもかなり密度の高い3年間なのは確か!と、いうことで

SideMに落ちたきっかけとか今日までのざっくりしたあれこれを振り返ってみるのも良いかなと思ってつらつら書こうかと思いました

 

まとまりないし、割とその時思ったこと(第一印象とか)書くので

今は全然マイナス的なことは感じてないので、その点だけご了承頂ければと

 

かなり遡るので長いよ!

 

-----------------------------------------------

 

(※ひろはJupiter、ドラスタ、Wの担当Pです)

 

そもそも私はアイマス2からのアイマスのオタクでした

アイマス歴=ジュピターのアイドル歴(よりちょっと短い)

くらいなのでジュピターと同期ですね!!

 

アイマス自体のイメージとか印象は「お金のかかるコンテンツだから手を出さないでおこう」

でした。

 

もともとXboxとかプレステ機器を持ってなかったので割と無縁のコンテンツだったんですけど

 

人生何が起こるかわからない

アイマスに触れてみるか」と思う転機が訪れる

 

 

当時付き合い始めた人がアイマスのオタクだった

 

 

彼は765のアケマスからのPでした

共通の話題があった方がいいよなと思ったテニスオタクだった私

 

いざ、アイマス

 

なんて謙虚なんだ~~~~~~~~~~

 

それがちょうどアイマス2発売されてちょっと経ったくらいでした。

しかし、当時どうにも

 

アイマス2のモデルが可愛く見えなかった

(今は普通にかわいいです好きです)

 

そして家には前記したとおりハードがなかった!!

 

しかし、タイミングは大変よろしかった

当時、アニマスがタイムリーだった!!

 

アニマスの作画めっちゃ好きなんですよ~!

よし、アニメから入ろう!と、前知識0で視聴!

とりあえず全話見た

 

 

視聴を終えたそこにはアイマスオタクが誕生していた

 

視聴中にCD借りたり

ハード購入してゲームしたりしてました

 

CDはもうほっとんど貸してもらえたので、ここであまりお金かからなかったのも大きかった

実質無料で膨大なアイマスの知識を一気に手に入れたのだった。

 

己が沼に沈んでいく中、しおちゃんの足を掴むことは忘れなかった

道連れにしおちゃんも共に沈んだ。

 

 

特に誰にマーケティングされたわけでもなく、ジュピターに二人共落ちました。

 

そしてジュピター解散(ゲーム内)

 

ジュピタープロデュースしたいよ~って言いながら1年だか2年だか

 

何故か花と夢でコミカライズが3作始まる

 

何故いきなり少女漫画

しかも3作

理解は追いつかなかったけど大歓喜で読みました

 

じゅぴPじゃないからよくわからんって人も多いかもですが

3つとも完全にパラレルワールドアイマスお得意のやつですね)

でそれぞれ全然違うんですが

315プロダクションでは全然ないし他アイマスコミックと違ってコミックPも出てこない(マネージャーは出てくる)

 

しかし、3作のうち1つの最終回で

 

Jupiter追加メンバー決定

 

 

でいきなり終わる

 

 

 

??????????????????????????

 

 

え、なになに増えるの?てかこの3作の内この世界線が続くの?

なになになに!??!?!?

 

ぶっちゃけ増えるのかよー!嘘ー!

って思ったんですけど、もう飢えていた

この時Jupiterに飢えていた。

この子たちの「アイマス」での活躍が増えるなら一人でも二人でも増えていいから

またこの子達が歌って踊ってアイドルしてるとこが見たかった

 

数年ブランクあったけど、何故かいきなり少女漫画だったけど

よかったーー!!これでまた日の目が見れるんだー!

 

さあ、こい!どっからでも来い!新生Jupiter!

どこからくる!?いつくる!?

ようこそ、新メンバー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来ない。

 

 

 

結局増えるんだかどうかもわからないまま、また2年だか3年だか経った時

「あー、なんかそんなこともあったね~」くらい風化した時

 

来た。

なんかいきなり来た

 

謎の天ヶ瀬のバナーが。

 

当時のTLは片手で数えられるかな?ちょっと足りないかな?くらいしかアイマス関連のフォロワーはいなかった

しかしそれでもTLはざわついた

 

ご存知、公式のおもらしだったので天ヶ瀬はすぐに引っ込んだ。

 

え、でもあれ天ヶ瀬だったよね?

なんか見たこと無い立ち絵だったけど天ヶ瀬だったよね?

え、新規?まさかJupiterの新規イラストがこの世界に何故か誕生しているの????

 

TLはソワソワ×ミーティングもいいとこだったけど誰もあの天ヶ瀬がなんだったのか知らないし

そもそもCD発売も1年かかったしコミカライズだって数年かかったしそこから新メンバーのあれこれももう数年待ってるし

 

あのバナーの詳細も数年待つかくらいの気持ちだった

 

でも1年も待たずに詳細は公式から投下された!!!

 

モバゲーで男の子verアイマスやるよ!!!!!!

 

天ヶ瀬の横になんか知らない人がいた

 

髭!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

はじめて輝を見た時の衝撃は凄まじかった

まさかの

 

 

世は二次元アイドル戦国時代

10代のキラキラアイドル達が続々とメディアに投下されるなか

 

髭!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ここにいるってことはつまり要はこの子が男の子verアイマスの赤…!!

 

…が、髭!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

後の担当です。

 

 

そこから徐々に公開されていくMマスの情報

割と早めに公開されたの、四季わんとか春名っちとかでしたね確か

 

サービス開始前からそのビジュアルに二次創作が既にちょこちょこ投下されていたのがめっちゃ印象に残ってます。

 

そして、その情報を見てまずの印象は

 

 

全体的になんか地味

 

でした(スミマセン)

 

でも、そもそも「アイマスは現実的にありえるキャラデザを心がけているらしい」

ということを聞きかじっていたので「あぁ、なんかアイマスっぽいなぁ」と思いました。

(後にキリオくんのデザインを見てあれ!?ってなる)

(まあ、でも最近は割と髪型も髪色もなんでもありな傾向っぽいですよね)

(魅力的ならなんでもいいんです)

 

でも、デザインに限らず塗りとか恒常カードデザインとかはやっぱ大人し目な印象は持ちました。果たしてこのシンプルさで生き残れるのだろうかと。

 

最初ビジュアルから惹かれたのは例に漏れず四季わんや春名っちでした。

そして、ビジュアルでめっちゃ惚れた子がいました。

 

わーこの子かわいい~!!!

キャッキャ

 

そして見ているうちになんか違和感に気づく

 

眼鏡かけてる時と帽子被ってるときがある

なんか他の子にくらべてカード多くね?

 

 

…あれ、なんか背景色ちがくね???

 

 

 

………名前微妙に、違くね…?

 

 

 

ふ、双子だーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ご存知リアル双子故に、今まで双子キャラにハマったことがなかった

 

ついつい現実と比較してしまうのでハマれなかった

 

そうか…君ら…双子なのか…

と、思ってあぁこれはハマれないやつだな…ってその時プロデュースを断念しました

 

後の担当です。

 

 

亜美真美のリアルっぽさがすごいってずっと思ってて

お互いのことを名前で呼ぶし、変に姉とか妹とか主張しないし

(公式が途中で設定逆にしたのも、その適当な感じが私的に好印象でした)(いや、適当じゃないだろうけど)

ずっとベタベタしてるわけじゃないけど仲良しで、でも普通にちっちゃいことでよく喧嘩して

みたいな

 

Wは最初「双子」ってことで食わず嫌いみたいなことしてたんですけど

「でもあみまみを生み出したアイマスだからきっとステキな双子なハズ」という概念がずっと心中担当チャンスを狙ってた感じはあります。

 

ステキな双子でした。

 

 

半年間のメンテを乗り越え、「私後にこの子の踊らされそう」という予感から翼くんをチョイスし(踊らされました)

 

いざゲームスタート!

しおちゃんとJupiterの門出をお祝い課金しよう!

と、いきなりSideM名物ドブガシャにお布施!!

 

まあ、何も出なかったんだけどね!!!!!!!!!!!

 

はじめての課金のあのなんとも言えん感じめっちゃ覚えてます。

今では感性が狂って何も感じなくなった3000円の重さを覚えてます…

 

 

恒常のJupiterのSR+を絶対デスクに揃えるんだー!と思ってました

(3年かかるとは思っていなかった)

 

しかし、私には欠点があった

 

 

ゲームが続けられない

 

そもそも媒体はなんであれ、ゲームを継続して遊ぶことができない。

今でも、担当以外はイベスト回収もできないとかざらにあります

 

つまり、サービス開始からやってはいたけど、空白の時間がある

 

そして、私はソシャゲ自体がそもそもこの時ほぼほぼはじめて自分でプレイだった。

(ミリオンもサービス開始に意気揚々とはじめましたがしおちゃんが代わりにぽちぽちしてた。私のアカウントを。)

 

要は、続かなかった!!!!!!!!!!!

そう、私は最初のイベントを完走することができなかった!!!!!!

後の担当×担当イベントになるとも知らずに!!!!!!!

 

Jupiterおめでとう…応援してるね…新しいおべべ…ステキだよ…

他の子…名前と顔が…一致しない…

 

そんな感じで時は過ぎ…

 

TLにとあるカードが流れてきた

 

英雄さんの婚活カードでした

 

 

「え、こんなイケメンくんいたんや」

って思ったのを強烈に覚えてます

 

詳細が知りたくなった私はひっさびさにMマスくんにログインしました

 

ここまでキーになっておきながら何故か英雄さんPにならなかったのはなんだったのか

 

そこから少しずつ少しずつぽちぽちしはじめて

翔太くんのエアショで2回めの課金(ファースト課金の実に5倍額)で1枚引いてから本格始動

 

気がつけばすっかりアクティブユーザー、担当ユニットは3つ

 

TLにはPちゃんで溢れイベント行ったりライブ行ったり

ドラスタの担当になった時とかWの担当になった時とか

書き出したらきりないんですけど

これ全部この3年の内の出来事なのかって思うと

すごいよねぇ。

 

私はアイマスの沼にもともと半身浴してたんですけど

それこそ友達に誘われてとか何かしらのメディアからとか

それぞれのPちゃんの始まりのストーリーは数しれないだろうと思います。

 

仲良くしてくれてるPちゃん達ほんといつも有難う御座います

これからもMマスくんと合わせて私とも仲良くして頂けたら幸いです。

 

まだまだこれから、沢山担当たちとの思い出が増えていくんだなって思うと

わくわくだね~!